診療メニュー

ピアスの穴あけ

  • 治療内容
  • 症例写真
  • 料金
  • 実際の治療例
治療内容
穴あけはプロに任せよう

安価で簡便なピアッサーが市販させるようになり身近なファッションになったピアスですが素人による安易なピアッシングは、穴が斜めに貫通してしまったり左右非対称になる、 ケアが悪いと炎症や色素沈着、傷が縮むなど様々なトラブルの元となってしまいます。 特に流行のボディピアスなどは、大切な器官を傷つけないためにも医師の施術が必須です。

間違ったピアス選びは危険?

金属アレルギーのある方は、特に使用するピアスを慎重に選ぶ必要があります。 ピアス穴は、安定するまでは傷と同じ状態で金属と皮膚の内側の組織が大変反応しやすく、また、安定してからも汗に反応して金属が溶け出すなどにより激しい炎症や発疹を起こす事があります。アレルギーを起こした金属は再び身につけると一層激しく反応しやすいので充分注意する必要があります。

■ POINT

体質に合わせて選んだ素材の、滅菌済み医療用・穴あけ専用ピアスを使用するので安心です!
皮膚科の医師による診察とアレルギーテストを気軽に受けられます!
ピアス穴を開けるためには穴あけ専用のピアスを使用する必要がありますが、素材のほかにも太さ・長さといったサイズに注意することが重要です。
アクセサリーとして市販されている細いピアスなどを使用するとピアスを通しにくく、塞がりやすい小さな穴になりトラブルを起こしやすくなります。
間違ったピアス選びは危険?
症例写真
ただいま準備中です。
料金
ピアス穴あけ 6,300円〜
実際の治療例
施術の流れ
皮膚の状態の診察をします (ご希望の方にはパッチテストなどで金属アレルギーが無いかテストします)
次へ
穴開け専用ピアスの種類を選び、施術箇所を決めてマーキングします
次へ
ピアスガンでピアスを打ち込みます(一瞬で終わります)
次へ
しばらくは医師に処方された消毒液を使い施術箇所を清潔に保つようにして下さい
次へ
1ヶ月ほどで穴の内側が皮膚におおわれピアスを外してもふさがらなくなります
終わったあと
施術箇所が安定するまで他のピアスに替えないようにして下さい
市販の消毒薬は薬剤による炎症を起こす事があるので医師にご相談の上でご使用下さい
注意すべきポイント
金属アレルギーのテストで異常が見られない方でも金属製のピアスを使用するうちにアレルギー反応を起こすようになる場合があります。その際は原因となったピアスをすぐに外し医師の診察を受けて下さい。