診療メニュー

ホクロ・イボのレーザー除去

  • 治療内容
  • 症例写真
  • 料金
  • 実際の治療例
治療内容
ホクロ・イボは色や大きさ、隆起の程度により最適な治療法が違います。
隆起性の場合はシミのように色素を消すだけでは除去できず、組織全体を取り去る必要があるのでシミや、隆起していない扁平性のホクロ消しに使われるものとは種類の違うレーザーを使用します。レーザーで除去できない特に大きなホクロやイボに対しては、小さく切開し縫合する治療法があります。
手術の必要がある?
レーザーによる除去 切開法による除去
長所 長所
・短期間、短時間で終わり注射の必要が無い
・傷や痛みが残る心配がほとんど無い
・サイズの大きなホクロやイボにも対応できる
・再発生の心配が少ない
短所 短所
・一部対応できないホクロやイボがある
・再発生の可能性が切開法よりもやや大きい
・やや時間がかかり傷痕も残りやすい
・傷口を保護するテープを長期間貼る必要がある
最新式の炭酸ガスレーザー
炭酸ガスレーザーを使用したホクロ・イボの除去治療
当クリニックでは主に炭酸ガスレーザーを使用したホクロ・イボの除去治療をおこなっております。スパーパルス装置を搭載した最新式のもので、患部の炭化や黒ずみを起こさない優れたレーザーです。このレーザーを照射し患部の組織を凝固・蒸散させることで、患部のみを取り除きます。大きさが直径5mm以下であれば、ほとんどがこのレーザーで綺麗にする事ができます。
スパーパルスとは1ショットの最高出力が高く非常に短いパルス波を指します。
レーザー治療では充分なエネルギーをなるべく短いパルス波で照射することが重要でこの機能により周辺組織に治療痕を残しにくい処置をする事ができます。

■ POINT

隆起性のホクロ除去には一カ所までは保険が適用されます。
(扁平性のホクロには適用されません。扁平性のものに関してはこちらもご参照下さい。)
悪性腫瘍が疑われるものに関しては、切除・縫合の上で細胞の検査をする必要があります。
ホクロは取ってはいけないという俗信もありますが医学的根拠は無く問題ありません。
症例写真
ただいま準備中です。
料金
  1カ所
シミ 5,250円〜
イボ 2,100円〜
ホクロ 5,250円〜
実際の治療例
施術の流れ
皮膚の状態の診察をします
次へ
レーザー照射により患部を切除します(小さいもので1カ所につき2〜3分で終了します)
次へ
患部に傷口をカバーするテープを貼ります
貼っておく必要のある期間はほくろの大きさなどにより個人差があります
次へ
傷痕が目立たなくなるまで10日程度、完全に赤みが取れるまでは半年ほどかかります
終わったあと
施術箇所をカバーするテープは2日ほど経ってから注意深く剥がして下さい
(それ以前に自然と剥がれてしまった場合はそのままで結構です)
施術後一週間ほどはかさぶた状態になりますので無理に剥がさないように注意して下さい
3〜6ヶ月ほどは施術箇所が赤みを帯びた状態になりますが化粧品類でカバーできます
注意すべきポイント
レーザーによる除去でも多くの場合は1度の施術で完了しますが、患部の大きさによっては数回に分けた施術が必要になる場合もあります。また、ある程度の大きさの患部の場合数回に分けた方が仕上がりが綺麗になる事がありますので、医師とよくご相談の上で治療プランを選択して下さい。
施術を受けられない方
妊娠中の方
極端な敏感肌の方
その他、施術前の診察で既往症・服用している薬・皮膚の状態などで不適合と診断を受けた方
心臓ペースメーカーをお使いの方は施術を受けられない場合があるので医師にご相談下さい
その他、施術前の診察で既往症・服用している薬・皮膚の状態などで不適合と診断を受けた方