診療メニュー

ヒアルロン酸注入

  • 治療内容
  • 症例写真
  • 料金
  • 実際の治療例
治療内容
医師によるシワ・たるみの治療 <スキンケアと軟膏でコラーゲンを再生!注入治療で若返り!>
シワ・たるみの原因を知っておこう
シワ・たるみの3大原因
乾燥 紫外線 血行不良
肌の回復力の低下
!! 急激なシワ・たるみの発生 !!

■ POINT

乾燥・紫外線・血行不良はそれぞれが肌ストレスの重大な原因です。
そしてその三者が揃うといっそう急速にお肌は回復力を失ってしまい、やがてお肌の若さを保つために大切なコラーゲン繊維がボロボロになりお肌に急激なシワ・たるみを生じる原因になってしまいます。
■ シワ発生のメカニズム
シワ発生のメカニズム
シワ・小ジワ
表皮細胞や角質細胞の保湿力は年齢とともに徐々に低下していき、小ジワが増えてきます。
そして真皮のコラーゲン繊維が紫外線の影響を受け破壊されてしまうと、お肌は本来の弾力を失い弾力を失った肌が折れ曲がりやすい状態になることで本格的なシワとなってしまいます。
たるみ
真皮のコラーゲンなどの繊維は、紫外線の影響で壊れてもやがて再生します。
しかし破壊と再生を繰り返すと少しずつ繊維は伸びてしまい、たるんだ状態になっていきます。
また、表情筋と呼ばれる顔の筋肉も加齢とともに緩み下がってきてしまいます。
この両者が影響し目の下やほお、首の周囲などがたるみ、見る人に老けた印象を与えてしまいます。
お肌を回復させるスキンケアの基本
ライトマッサージ

お肌の弾力を高めるスキンケアの基本はマッサージです。
血行を良くすることにより、真皮の弾力や水分を保つ成分の代謝・合成が高まりお肌を生き生きと保つことができます。

口元、ほお、目の周りにやさしく円を描くようにマッサージ

■ POINT

乾燥・紫外線・血行不良はそれぞれが肌ストレスの重大な原因です。
そしてその三者が揃うといっそう急速にお肌は回復力を失ってしまい、やがてお肌の若さを保つために大切なコラーゲン繊維がボロボロになりお肌に急激なシワ・たるみを生じる原因になってしまいます。
保湿とビタミン
真皮のケアだけでなく、お肌の表面にある表皮のケアも重要です。 表皮に充分な水分と栄養を与えることを心がけるだけで、シワ・たるみ対策になります。
●ビタミンB
表皮から真皮へと簡単に移行して、コラーゲンの合成を高めてくれます。
●ビタミンC
お肌に浸透しにくい性質のあるビタミンCも、表皮や真皮の細胞に
上手く効果を発揮させる事のできるスキンケア剤も販売されています。

■ POINT

レチノイン酸軟膏とハイドロキノン軟膏を併用したシミ治療は、レチノイン酸の作用によりお肌の入れ替わりを早めてくすんだ角質を取り除き、その一方でハイドロキノンの働きによりメラニン色素の合成を強力に抑え込んで短期的にシミをなくします。
軟膏で真皮を再生
程度の軽いシワには?
レチノール レチノールとはビタミンAのことで、レチノイン酸にとてもよく似た成分です。
近年その効力が広く知られるようになり、市販の化粧品類に含まれる事も多く、なじみのある名前となりました。
塗布すると一部がレチノイン酸に変化する事で効力を発揮しますが、直接のレチノイン酸塗布と比較すると、効果は数十分の一です。
カイネレース 植物ホルモンとして知られるカイネレースは、レチノイン酸に比べ効果がよりマイルドなクリームです。
肌が赤くなるなど、レチノイン酸にある副作用が出にくい利点もあります。

■ POINT

美白やピーリング等、シワ取り以外での効果が知られるビタミンCやAHA(アルファヒドロキシン酸)などにもシワを改善させる効果があります。
ケミカルピーリング美肌ビタミン治療シミ治療のページなども併せてご覧下さい
深いシワを改善させるには?
レチノイン酸

レチノイン酸はビタミンAの代謝産物の一種で細胞の増殖を促進します。
浅いシワでも確実に改善させたい方や、深いシワの方には、真皮のコラーゲンを確実に増やすための医師による治療が必要です。
塗るだけでシワを治すと評判のレチノイン酸クリーム。
米国で市販のレノバというクリームなどに含まれていますが日本では販売が認められておらず、医師による診察を受けないと使用できません。

集計データでは使用開始から半年後の改善率が浅いシワで64%、深いシワで37%と報告されています。
半年から10ヶ月ほどでシワの解消を感じる方が多いようです。

●レチノイン酸の効果●
・表皮に直接働きかけ、お肌の再生サイクルを高める!
・くすんだ角質層を取り除き、角質を薄くする!
・真皮に直接働きコラーゲン繊維を増加、表皮に張りが出てシワを改善!

注入法による若返り治療
コラーゲン・ヒアルロン酸注入で本格的に
軟膏を塗ってシワを消す治療には、効果が見えるまで時間がかかるなど、お急ぎの方や劇的な改善を求める方には不向きな点もあります。
そういった方にはコラーゲンヒアルロン酸を直接シワの部位に注入する治療法もあります。
施術を希望する箇所やシワの程度などにあわせて最善の治療法は変わってきます。
まずは医師にご相談の上でご自分に合った治療法を選択して下さい。
コラーゲン 注入 コラーゲンは人間の身体の様々な部分を構成するたんぱく質です。 お肌のハリやツヤを保つために重要な働きを持っていますが年齢と共に失われます。
元々人間の体内にあるものなので安全性が高く、古くから医療に使われているため、アレルギーを起こす可能性を極力低くしたコラーゲンが開発されています。
ヒアルロン酸 注入

ヒアルロン酸も人間の体内に存在する自然な物質です。
わずかな量でも水を沢山取り込む性質があり、その非常に高い保湿力のために化粧品の保湿成分としても広く普及しています。
こちらもコラーゲンと同じく年齢と共に徐々に失われてしまいます。

施術後にすぐメイクをする事もできますので、急なイベントの前にも間に合わせる事が出来る最新の治療法です。
コラーゲンがごく一部の方にアレルギーを起こす可能性があるのに対して、ヒアルロン酸にはその心配が無く事前のテストの必要もありませんので、現在ではコラーゲンよりもヒアルロン酸注入の方が主流になりつつあります。

■ POINT

シワで凹んだ部分の溝に沿って皮膚の深い部分・真皮層に直接これらの成分を注射し、お肌のハリを保つ成分の量を補うと共に、シワの部位を物理的に持ち上げる事で効果を得ます。
凹みが平らになり更に有効成分が補われることで、短時間にシワを目立たなくする事ができます。
症例写真
ただいま準備中です。
料金
眉間部 10,500円〜
両側口角囲部(ほうれい線) 21,000円〜
両側口元部(マリオットライン) 21,000円〜
眼の下の凹み 21,000円〜
おでこ 21,000円〜
隆鼻術 21,000円〜
顎の先端 21,000円〜
実際の治療例
施術前の準備

シワ・たるみは放置すると年齢と共に増加・進行してしまいます。医師による治療と平行してマッサージや保湿などのデイリーケアも心がけるようにして下さい。

施術の流れ

【軟膏による治療】

医師による診察ののち、レチノイン酸軟膏・ハイドロキノン軟膏が処方されます。
次へ
1日1回夜、洗顔後にレチノイン酸軟膏→ハイドロキノン軟膏の順にシミ部分に重ね塗りします。
(厚く塗る必要はありません)
次へ
日中は市販のサンスクリーン剤、もしくはUVカットファンデーションを塗って下さい。
化粧は通常通りで構いませんが、基礎化粧品→乾いてから軟膏→化粧の順に使用して下さい。
次へ
使い始めて4〜6週間で皮膚の表面のキメが細かくなり、次第にシミが薄くなってきます。
次へ
効果が得られたらレチノイン酸軟膏の使用を中止し、ハイドロキノン軟膏のみを使い続けます。

また、状態に合わせて赤みをおとす軟膏を使う場合があります。

【コラーゲン・ヒアルロン酸注入による治療】

お肌のクレンジングののちクリーム状の麻酔薬を塗ります。
次へ
コラーゲン注入の際はアレルギーが出ないか目立たない部分へ注入してテストします。
次へ
施術部位の消毒とマーキングをします。
次へ
細い針からシワの部位に沿って注入する事で、シワとなり凹んでいた部分を盛り上げます。
痛みを抑える薬や麻酔を使用し短時間で終了するので、痛みの心配はほとんどありません。
次へ
いずれの成分も注入後は3ヶ月から1年半のちに分解・体内に吸収されていきます。
恒久的な治療法ではありませんので、効果が薄れた頃にあらためて施術を受けて下さい。
終わったあと

【軟膏による治療】

軟膏による治療開始後は翌週、その後は隔週で医師の診察を受けてください。
軟膏を使い始めるとかゆみ・乾燥・皮がむける・赤くなるなどの症状が現れる場合があります。 徐々に落ち着いてくるものですが、ひどい場合はすぐに医師の診察を受けて下さい。

【コラーゲン・ヒアルロン酸注入による治療】

注入治療の後はすぐにお化粧出来ますが、なるべく数時間は化粧品類の使用を避けて下さい。
施術中にマッサージで皮膚に馴染ませますがその後は繰り返し強く揉まないようご注意下さい。
施術当日の入浴は避けてシャワー程度にして下さい。(患部を濡らさないようにご注意下さい)
治療を受けた部位にはしばらく、日焼け止め対策を施してからお出かけください。
施術当日はお酒や刺激物もなるべく避けるようにして下さい。
注意すべきポイント
レチノイン酸軟膏を用いた治療は胎児の成長に影響を及ぼす危険性があるので、妊娠中、もしくは妊娠の可能性のある方には使用できません。また使用後3ヶ月間は妊娠しないように充分注意して下さい。

【軟膏による治療】

レチノイン酸軟膏やハイドロキノン軟膏を用いた治療は近年その絶大な効果が認められてきています。しかしお肌のタイプによっては「赤くなる」「ピリピリする」などの副作用が出てくることもあり、使用には充分な注意が必要です。レチノイン酸入りの軟膏などをアメリカからの直輸入などで販売する業者もありますが、誤った使用法は大変危険ですので必ず医師の指導と処方を受けた上でご使用下さい。

【コラーゲン・ヒアルロン酸注入による治療】

コラーゲンは動物性タンパク質なので、医療用に加工されたものでも数%の方にはアレルギー反応を起こす可能性があります。ヒアルロン酸は動物性タンパク質を含まないので事前のテストの必要はありません。

施術を受けられない方
妊娠している方、または授乳中の方
治療期間中に妊娠の予定がある方
重度のアレルギーをお持ちの方
ボツリヌス菌による食中毒の経験がある方(ボトックス治療)
その他、施術前の診察で既往症・服用している薬・皮膚の状態などで不適合と診断を受けた方