診療メニュー

フォトセラピー

  • 治療内容
  • 症例写真
  • 料金
  • 実際の治療例
治療内容
顔のたるみや、シワの気になる部分に「HEX」光を照射すると肌が光を吸収しコラーゲンを活性化しようと細胞が働きます。
そのために肌がしっとりとしてハリが戻り、シミやソバカスを目立たなくさせます。
症例写真
ただいま準備中です。
料金
1回 5回セット
21,000円 105,000円
実際の治療例
施術前の準備

シミからお肌を守るためには日頃からのケアが重要です。治療中はもちろん、治療の前後にも紫外線や肌荒れからお肌を守るための毎日のケアを心がけてください。

施術の流れ
医師による診察ののち、レチノイン酸軟膏・ハイドロキノン軟膏が処方されます。
次へ
1日1回夜、洗顔後にレチノイン酸軟膏→ハイドロキノン軟膏の順にシミ部分に重ね塗りします。
(厚く塗る必要はありません)
次へ
日中は市販のサンスクリーン剤、もしくはUVカットファンデーションを塗って下さい。
化粧は通常通りで構いませんが、基礎化粧品→乾いてから軟膏→化粧の順に使用して下さい。
次へ
使い始めて4〜6週間で皮膚の表面のキメが細かくなり、次第にシミが薄くなってきます。
次へ
効果が得られたらレチノイン酸軟膏の使用を中止し、ハイドロキノン軟膏のみを使い続けます。
また、状態に合わせて赤みをおとす軟膏を使う場合があります。
次へ
軟膏による効果が得られないシミ・アザ・ホクロなどにはレーザー治療を施します。
次へ
施術部位にレーザーを照射します。
次へ
1〜2週間ほどで患部の表皮のかさぶたが剥がれて、新しい皮膚が表面に出てきます。
次へ
出来てから年数の経過したシミや濃いアザなど、沈着したメラニン色素が多い場合は数回の施術が必要になります。
終わったあと
軟膏による治療開始後は翌週、その後は隔週で医師の診察を受けてください。
軟膏を使い始めるとかゆみ・乾燥・皮がむける・赤くなるなどの症状が現れる場合があります。
徐々に落ち着いてくるものですが、ひどい場合はすぐに医師の診察を受けて下さい。
レーザー施術後にかさぶたが取れるとしばらくは色素沈着しやすい状態になります。
日焼け止めや美白効果のある化粧品類で遮光するように注意して下さい。
注意すべきポイント

レチノイン酸軟膏を用いた治療は胎児の成長に影響を及ぼす危険性があるので、妊娠中、もしくは妊娠の可能性のある方には使用できません。また使用後3ヶ月間は妊娠しないように充分注意して下さい。

レチノイン酸軟膏やハイドロキノン軟膏を用いた治療は近年その絶大な効果が認められてきています。しかしお肌のタイプによっては「赤くなる」「ピリピリする」などの副作用が出てくることもあり、使用には充分な注意が必要です。レチノイン酸入りの軟膏などをアメリカからの直輸入などで販売する業者もありますが、誤った使用法は大変危険ですので必ず医師の指導と処方を受けた上でご使用下さい。

施術を受けられない方
妊娠している方、または授乳中の方
治療期間中に妊娠の予定がある方
極端な敏感肌の方
その他、施術前の診察で既往症・服用している薬・皮膚の状態などで不適合と診断を受けた方