診療メニュー

シミ・クスミ改善

  • 治療内容
  • 症例写真
  • 料金
  • 実際の治療例
治療内容
医師によるシミ消し治療 <軟膏とレーザーを使った最先端の美白>
自分のシミの状態に合った正しい治療法を!
シミの原因を知っておこう
シミは紫外線炎症からお肌を守るために色素産生細胞が分泌するメラニン色素が、角質に層を作って沈着している状態です。 紫外線を避け肌荒れを防ぐことが、シミを作らず増やさないための第一歩です。
シミの原因を知っておこう
シミの種類による治療法の違い
シミには色々なタイプがあります。 この夏に出来たシミや、薄いシミには市販の美白剤も有効です。 しかし2ヶ月以上使用しても効果の無いもの、長年のシミや厚さのある場合には、医師の処方する軟膏療法アブレージョン(ミクロ粒子の研磨剤を吹き付け肌の表面を削る治療法)やレーザー治療が必要になります。
市販の美白剤  
病院の処方薬  
  レーザー・手術
そばかす 発疹後色素沈着 こすり色素
沈着
肝斑 花弁状色素斑 老人性色素斑 日光角化症
もともと肌の白い子が、2〜3歳の頃から日光に当たるたびに出来る褐色の小さな斑点。
紫外線を浴びるとすぐに濃くなり、数が増えることもあります。
日焼け、かぶれ、虫さされなどの肌荒れのあとに出来るシミです。
肌荒れを繰り返さなければ少しずつ色は薄くなります。
タオルやブラシなど、刺激のあるもので強く皮膚をこすった時に出来るシミです。
鎖骨や肋骨など、骨の上の皮膚に出来やすい性質があります。
妊娠がきっかけとなって、両目や頬に出来る褐色で範囲の広いシミです。
長年あるものは医師の処方薬を使用する必要があります。
肩や背中など、 日焼けをした部分に数日から数年経って出来てくる多発性のシミです。
市販美白剤は効き目が少なく、アブレージョンやレーザー治療の必要があります。
皮膚の老化によって頬やこめかみに出来る直径10〜20mmのシミです。
薄いうちは市販美白剤も効きますが、厚みの出てきたものには医師による治療が必要です。
顔や手の甲など、強い日光にあたるところに起きやすい皮膚腫瘍です。
早期ガンの一種で、放置すると本格的な皮膚ガンになってしまうため、なるべく早い切除術が必要です。
最先端のシミ治療薬
シミを消す軟膏って?
レチノイン酸軟膏
レチノイン酸はビタミンAの誘導体で、細胞の生まれ変わりを促進します。 その結果、細胞は若返り、角質層は薄く、表皮層は厚くなり、小ジワとシミを目立たなくします。 米国では80年代からシミ取り薬の主成分として使われており、 96年には市販薬として医師の処方のもとに販売されています。
レチノイン酸軟膏
ハイドロキノン軟膏
ハイドロキノン軟膏は永く市販の美白剤には含有が認められていなかった美白成分です。 メラニン色素を作るチロジナーゼという物質の作用を強力に妨げ、メラニン細胞の活動を抑制します。別名「肌の漂白剤」とも呼ばれています。

■ POINT

レチノイン酸軟膏とハイドロキノン軟膏を併用したシミ治療は、レチノイン酸の作用によりお肌の入れ替わりを早めてくすんだ角質を取り除き、その一方でハイドロキノンの働きによりメラニン色素の合成を強力に抑え込んで短期的にシミをなくします。
表面のシミはレーザーで消える
レーザー治療が必要なシミって?
・イボ状に盛り上がったり表面がザラザラして膨らんだ丸いシミ(脂漏性核化症)
・色の濃い厚みのある丸いシミ(老人性色素斑)
このように、シミの中でも角質に原因のあるものは角質ごと取り去るのが一番です。
メラニン色素だけを選んで破壊するレーザーを使うことで、患部の角質だけを綺麗に一瞬のうちに消すことができます。
治療後は約10日でカサブタが取れ、その下からピンク色の新しい皮膚が現れます。
表面のシミはレーザーで消える レーザー後のカサブタが取れたあと多くの場合患部が黒っぽい状態になり、その状態が2〜6ヶ月間続きます。
そのため、夜は美白効果のある軟膏を塗り、昼間は日に焼けないように遮光する必要があります。
症例写真
ただいま準備中です。
料金
  1カ所
シミ 5,250円〜
イボ 2,100円〜
ホクロ 5,250円〜
実際の治療例
施術前の準備

シミからお肌を守るためには日頃からのケアが重要です。治療中はもちろん、治療の前後にも紫外線や肌荒れからお肌を守るための毎日のケアを心がけてください。

施術の流れ
医師による診察ののち、レチノイン酸軟膏・ハイドロキノン軟膏が処方されます。
次へ
1日1回夜、洗顔後にレチノイン酸軟膏→ハイドロキノン軟膏の順にシミ部分に重ね塗りします。
(厚く塗る必要はありません)
次へ
日中は市販のサンスクリーン剤、もしくはUVカットファンデーションを塗って下さい。
化粧は通常通りで構いませんが、基礎化粧品→乾いてから軟膏→化粧の順に使用して下さい。
次へ
使い始めて4〜6週間で皮膚の表面のキメが細かくなり、次第にシミが薄くなってきます。
次へ
効果が得られたらレチノイン酸軟膏の使用を中止し、ハイドロキノン軟膏のみを使い続けます。
また、状態に合わせて赤みをおとす軟膏を使う場合があります。
次へ
軟膏による効果が得られないシミ・アザ・ホクロなどにはレーザー治療を施します。
次へ
施術部位にレーザーを照射します。
次へ
1〜2週間ほどで患部の表皮のかさぶたが剥がれて、新しい皮膚が表面に出てきます。
次へ
出来てから年数の経過したシミや濃いアザなど、沈着したメラニン色素が多い場合は数回の施術が必要になります。
終わったあと
軟膏による治療開始後は翌週、その後は隔週で医師の診察を受けてください。
軟膏を使い始めるとかゆみ・乾燥・皮がむける・赤くなるなどの症状が現れる場合があります。
徐々に落ち着いてくるものですが、ひどい場合はすぐに医師の診察を受けて下さい。
レーザー施術後にかさぶたが取れるとしばらくは色素沈着しやすい状態になります。
日焼け止めや美白効果のある化粧品類で遮光するように注意して下さい。
注意すべきポイント

レチノイン酸軟膏を用いた治療は胎児の成長に影響を及ぼす危険性があるので、妊娠中、もしくは妊娠の可能性のある方には使用できません。また使用後3ヶ月間は妊娠しないように充分注意して下さい。

レチノイン酸軟膏やハイドロキノン軟膏を用いた治療は近年その絶大な効果が認められてきています。しかしお肌のタイプによっては「赤くなる」「ピリピリする」などの副作用が出てくることもあり、使用には充分な注意が必要です。レチノイン酸入りの軟膏などをアメリカからの直輸入などで販売する業者もありますが、誤った使用法は大変危険ですので必ず医師の指導と処方を受けた上でご使用下さい。

施術を受けられない方
妊娠している方、または授乳中の方
治療期間中に妊娠の予定がある方
極端な敏感肌の方
その他、施術前の診察で既往症・服用している薬・皮膚の状態などで不適合と診断を受けた方